イメージ画像

ファンデーション

ノンコメドジェニックは具体的にどのような成分を気にしたものでしょうか?ニキビに関係する成分として第一にいえるのが油分です。
油分とオイルなどでもともとある人の肌だと皮脂などがそれにあたります。皮脂や油分は、アクネ菌の餌となりニキビを悪化させます。また、清潔な状態を保つためには油分が多いと良くありません。日焼け止めにも注意する必要があります。

 

 

 

 

 

 

化粧品類ではどうしても基剤の部分や肌の保湿の観点から油分が必要です。特にクリームタイプのファンデーションには多くの油分が含まれています。そのため、クリームタイプのファンデーションはニキビの観点からはあまりお勧めできません。また、もしクリームタイプのおファンデーションを使用する場合には、1日の終わりにはしっかりと洗顔を行い油分が肌に残っていないようにしましょう。その様なことを行うことで肌を清潔な状態に保てるのです。ファンデーションでお勧めなのはルースパウダーを使用すると油分が少なく影響は少ないといえます。ただし、肌へののりが悪い場合もありますのでその場合は保湿成分が入ったものを選ぶと良いでしょう。また、ニキビを隠す目的で行うならコンシーラーをその部分だけに行うと影響は少なくてすみます。

2012年5月18日

このページの先頭へ