ノンコメドジェニックとは

実は良くない成分も入っている!?

ノンコメドジェニックとは何か知っていますか?コメドは、英語で「Comedo」直訳するとニキビです。

日本ではコメドは、角栓を指す場合も多くあります。ジェニックは genic(~によって作られた)という意味です。ノンはnonでないという意味です。翻訳すると、ニキビがないように作られたものになります。

化粧品などはコメドにはよくない成分も含まれていることもあります。ノンコメドジェニックは、その成分極力少なくしたものになります。具体的には、皮脂が多くでる背中などでコメドを誘発しないかテストしたものになります。ノンコメドジェニックの分類としては、低刺激な製品などとして販売されておりノンコメドジェニックなことをうたっているものは多くありません

アレルギーテストで確認

化粧品の記載には、
“ノンコメドジェニックテスト済 すべての人にコメド=ニキビのもとができないというわけではありません。”

などと記載されています。原料中に含まれる油分の全てがコメドを誘発するとは限りませんが ある試験によってその製品がコメドを誘発しにくいという証明をすることが出来ます。

ノンコメドジェニックの試験方法は、皮膚に塗布し一定時間数回行いニキビが発生しかたチェックするものです。